東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記東京マラソンまで > 「東京マラソン2008」ドースル?

「東京マラソン2008」ドースル?

2007.6.23

早いものでハーフマラソンに初挑戦してから1カ月半以上がすぎた。

約2カ月の練習期間で完走&2時間切りのタイムが出せたことは、
大きな自信になったし、達成感もあった。

で、好結果を出せた要因は何なのだろうか、
今さらのように考えてみたのだがだが、その第一は「その日の体調」という結論に達した。

あれっ、練習のタマモノじゃないの? と思われる方もいると思うけど……、
あっ、たしかに、それはその通りだよなあ。

前言撤回(はやっ)。第一は「練習のタマモノ」。

で第二の要因が「その日の体調」、
さらに第三が「目標に対するモチベーション」と、
まあ、実に目新しさのない、フツーの分析ですが(笑)。

さてさて、世の中では、「東京マラソン2008」のエントリー受付がスタートした。

開催日は2009年2月17日。

てなことを書くと、おっ、いよいよフルマラソンに挑戦か? 

と思われるかもしれないが、このレースへのエントリーはちょっぴり後ろ向き。

ワタシがフルマラソンを走ろうと決意したキッカケが、
「東京マラソン2007」だったたことを考えれば、
その1年後に行われる「東京マラソン2008」に出場して、見事に完走する!
———というのは文句なしの筋書きなんだろうけど…(笑)。


後ろ向きな理由のひとつは、ハーフマラソンを走ってみて、
やはりまだまだフルマラソンを走る力はないと実感したから。

単純に、倍も走れませんがなダンナ、ということ。

ま、もともと2、3年のロングスパンで、ハーフを3回、30kmを1、2回走ってから
フルマラソンに挑みたいというプランを持っていたから、
プラン通りといえばプラン通りなのだが……。


もちろん、根性出して挑めば時間内(7時間)完走できなくないかもしれない。
が、マラソンに対する個人的な美学として、
できれば——これはとてつもなく高いハードルなんだけど——歩かないでゴールしたい
という理想がある。

でもそこはフルマラソン。そうは問屋が卸さない。
単純に見積もっても5、6時間走り続けなければいけない。

想像の及ばない世界だ。となると、できるだけ理想に近づけるように、
段階(練習&レース経験)を踏んでいきたいという……

まあ、平たく言うと、弱虫。憶病者。石橋をたたいて渡るタイプ。
……って、キミキミ、それは言いすぎだろうが!!!


後ろ向きな理由のふたつめは、現在のワタクシめは、
そこそこ健康だと思ってるんだけど、唯一、悩まされているのが花粉症。

花粉症を発症してから約15年、年々症状は弱まってはきているのだが、
どーしても、花症が飛びはじめの時期だけは、一時的に体調が崩れるのだ(涙)。


具体的な症状としては、頭がドロ~ンとして、ドロ~ンと眠気に襲われる。
寝ても覚めても頭がドロ~ン。顏もドロ~ン。言葉もドロ~ンとなってしまうのだ。

その症状は1週間くらいなものなのだが、過去をふり返ると、
そのドロ~ンキャンペーン週間が、2月中旬から下旬にかけてなのだ。

つまりそのー、ドロ~ンが始まると、充電池が切れてしまったような状態になるのに、
フルマラソンなんて走れるワケないだろうが!!! 
というかなり逆切れ的な結論に到達するワケだ。

ま、そう考えると、「東京マラソン」自体が時期的に
自分には合わないのかな、とさえ思うことも。


でも、この「東京マラソン」。
昨年は3万人のエントリー枠に7万5000人の応募があったという激戦区(抽選なのだ)。

つまり、よし今年は挑戦するぞ!と息巻いたところで、
当選するかどうかは分からん状態。
で、困ったことに、そんなプレミアム感を出されちゃうと、
「ナヌ、どうせ出たいときに出られないのなら、毎年応募だけでもしておくのが賢明か?」
という、優柔不断な気持ちが芽生えるワケだ(“プレミアム”に弱いのは人のサガか?)


で、もし優柔不断な気持ちにまかせて今年応募したとしたら……
いや、なんとなくなんだけどさあー、そのー、当選しちゃう気がするのよね(笑)。

いやそういうモンじゃん、人生って。そしたらドウスル? 
ま、落選した人たちの手前、逃げるワケにはいかないだろうなあ、きっと。


チキショー、プレミアム感なんかなければ、エントリーするつもりないないのにヨー!!!


と書いたあたりで、
「アンタ、そんなこと言って、心のどこかで出たいと思ってるからそんなこと書いてるんでしょ?」
と思ったアナタ。ご明答とは言いませんが、心理学の道にお進みになられたら、
意外とモノになったかもしれません。


応募すべきか、しないべきか。


失敗したなあ。この書き方の展開は、間違いなく応募する方向に向ってる気が……。
ま、自爆フェチな気は否定しないけど。


よし、また自分を追い込んでみるか!?


初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: 東京マラソン2008に申し込む  >   |  この記事のカテゴリは [ 東京マラソンまで ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.