東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記東京マラソンまで > 春日部大凧マラソンに参加

春日部大凧マラソンに参加

2007.5.4

第1回東京マラソンをテレビで見て、
自分もマラソンを始めてみようと思った。

そして、2ヵ月半、ランニングの練習を続けてきて
いよいよ今日が初ハーフマラソン参加だ。

埼玉・春日部大凧マラソン
ハーフマラソン(21.0975km)を走る。


テレビの天気予報が「今日の巻頭は夏日で…」と言っている。
予想最高気温は26℃。
スタートの約1時間前に会場に到着。


すごいランナーの数。
自分のように東京マラソンの影響か、
参加者は、昨年より約1000人多い5634人とのこと。
会場の放送で「現在の気温は20℃…」と報告がある。

春日部大凧マラソン

ハーフを走るのも初めてなら、この気温も初めて。
何もかもが未曾有の世界だ。

受付に行き、手渡されたゼッケンと計測用RCチップ
(個人の正確なタイムが計測できるセンサー型のタイム計測器)を
取り付けてから慌ただしく準備。

30分前にトイレに並んでいると、前の人が
「去年は最後のほうに給水所の水がなくなっていた…」と話している。

こいつはヤバイ、と思い、露店でペットボトルが入るタイプの
ポシェットを購入し、命の水を装填。
これにて水不足への対処は完了。

人の話は小耳に挟んでおくものだ(笑)。

ほどなくスタート地点への招集がかかる。

ほかのランナーはガンガンに慣らし走りをしているのに、
まともな準備体操もできないまま、スタート地点へ。
実に初心者っぽいなあ、ワタシ。


若い方からお年寄りまであらゆる世代のランナーが大集合。
この場所に自分が立っていることがちょっぴり不思議だ。

150mほど前方には大きなスタートゲートがある。
これがレースのスタートかあ、と感慨にふけるも、
意外にも緊張や不安はなく、無事に本番を迎えられた喜びのほうが大きい。

天気のせいもあるだろう。
初夏らしい気候が気持ちいい(暑さは怖いけど)。

必要以上にドキドキすることもなく、スタートを告げる号砲が響く。


ゲートを越すまでは渋滞していたが、そこから先はほぼノンストレス。
周囲の速い走りにつられないようにだけ気をつけていたが、
気をつけるもなにも、周囲の速度には付いていけず、どんどん抜かされていく。

でも、ここでつられてはアカンのや、と自分のペースを守る。
ところが、1kmの通過タイムが5分台。「えっ?」と思う。
6~7分を予定したにもかかわらず…。
やはり周りにつられている? 

でも、ランナーに次々と抜かれていくせいで、
体感的には自分のペースを守れているように感じる。

まあ錯覚もいい方向にとらえていこうと、
必要以上にペースを落とさずに走り続ける。

近くを走っていた若いランナーふたりが、
「最初は少しペースを上げてカラダを慣らさなくちゃな…」と話をしている。
なるほど、そういうものかー。
人の話は小耳に挟んでおくものだ(笑)。

とはいえ、前半のオーバーペースは命取りになると
肝に銘じていたので、脈(心臓のドキドキ)の上がりすぎに気をつけて、
深い呼吸を心がける。

タイムや距離を気にせずに、ほかのランナーの背中や沿道の応援、
静かな家並みや緑を楽しみながら走る。

そして5kmを通過。25分台。

練習でもほとんど出したことのないタイム。

それが、単なるオーバーペースなのか、
本番特有の火事場のクソ力なのかはよくわからないが、
いい気持ちで走れているので錯覚を信じることに。


7kmくらいになると、実力違いのランナーにはほぼ抜かれたらしく、
後方からの大きなプレッシャーはなくなる。

交通規制はされているが、道は全般的にやや狭め。
ただ、この密集感が、妙にほかのランナーとのつながりを感じさせてくれて、
初心者のワタシにはありがたい。

ライバルという意識はまったくなく、運命共同体のような感じ。
逆を言えば、この運命共同体の存在がなければ、
とても20km以上を走ろうなどという気にはならないだろう。

そう考えると、ランナーへの感謝の気持ちすらわいてくる。

8kmほどで江戸川に到達。
ここからは7~8km土手の上を走ることになる。
右手に川、左手に牧歌的な田園風景。
気温はどんどん上昇しているが、美しい景色に癒される。

10km通過タイムは55分台。

練習で走った最大距離がこの10kmまでなので、
あとは未知なる世界へと突入だ。
でも思った以上に足腰にはまだきてないゾ、と自覚。


タイム的な錯覚はあるのだが、自分としてはイーブンペースを
守り続けてきた満足感があり、また、一瞬、考えたこともなかった
1時間台のタイムが頭にちらつき、頑張ろう!という気になる。

しかも、このあたりからペースが落ちるランナーが多くなってきたため、
抜かれる回数よりも、抜く回数のほうが多くなってきた。

暑さのせいか歩き出す人もちらほら。
さすがに苦しくなってくるが、苦しいなかでも、まだ足腰にきていない。
リズムだけを崩さずにひた走る。

体に急激な異変が起こらない限り、間違いなく完走はできるだろうと確信したのもこの頃。

そして15km通過タイムは——1時間23分台。
あとから考えると、この「10→15km」の走りが一番大きかった気がする。
ラップ的には「5km→10km」より2分近く速い。
半分を走りきったことで調子づいたことに加え、
土手というのも功を奏していたのかもしれない。

土手は狭いため、ランナーの真横を抜いていくことになる。
抜くときはどうしても少しスピードが増すし
(相手のランナーの邪魔にならないよう抜くため)、
別に他のランナーと勝負をしているわけではないが、
“抜く”という行為自体は、脳的には一種の快楽なのだろう。

走りへのモチベーションが自然と高まる。
いいリズムに乗ることができた。
この区間を軽快に気持ちよく走れたことは、自分でもすごく自信になった。


がツケというものは必ずくるもので、長い長い土手がようやく終わった
15km付近からゴールまでが本当に長かった。

脳内に快楽物質が出まくっていた「10km→15km」と異なり、
しだいに自分の足をコントロールできなくなってくる。

暑さで体中がサウナ化してくる。
熱中症に注意しなくてはと小まめにマイ・ポシェットから水を取り出しは飲む。

足が止まって歩き出すランナーもかなり多くなり、
ここで歩いたらどんなにラクになるだろうか、
と悪魔のささやき声が聞こえてくる。

でも邪念は一瞬で取り去って、とにかく足を前に進める。
1kmがこんなにも長いものか、と感じながら。

2時間の壁については、15kmを過ぎた時点である程度把握はできていた。

残り6km強で、これまでの走りができればなんとかクリアできるだろうし、
足が少しでも止まればムリ。

タイムを目標にしていたわけではないが、手の届かないところにあるならまだしも、
千載一遇のチャンスがそこにあるワケだから、なんとか手にしたいという気にもなる。


残り3kmはもう意地だ。
チキショー、チョー苦しい! と思いながらも、必死に足を前に出す。

ほかのランナーも同じ気持ちかと思うと、苦しさのなかにも感動を覚える。

結局、ラスト6kmは自分のペースがどれくらい落ちたのか、
あるいは、イーブンで守れているのかもよく把握できないまま、とにかく、走る。

沿道から「ラスト1km!」の声がかかる。
ラスト1kmもあるのかよー、と思いながら、文字通り「歯を食いしばる」。

そしてゴール数百メートル手前で妻や娘、義姉、甥っ子たちの姿を
沿道に見つけて手を振る。

ラスト100mが猛烈に遠い。
ただゴール地点のデジタル表示板が、1時間台をまだ示していた。

やったー、フィニッシュ! 
1時間56分31秒。走り続けた充足感で満たされる。

ゴールしてから10分くらいは、身体的なツラさと達成感を感じながら、ぶっ倒れる。

——見上げた空は深く、青かった。


応援に来てくれた義母、妻子。義姉、甥っ子たちに感謝します。
そして、春日部大凧マラソンを走ったすべてのランナーの皆さん、
お疲れさまでした。

世界中のすべてのランナーをリスペクトします!


【本日のレース記録・ハーフマラソン(21.0975km)】


■記録:1時間56分31秒

マラソン

5km通過タイム:25分20秒
10km通過タイム:55分25秒
15km通過タイム:1時間23分15秒


初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: 「東京マラソン2008」ドースル?  >   |  この記事のカテゴリは [ 東京マラソンまで ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.