東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記当選が決まってから > 戸田マラソンin彩湖に参加

戸田マラソンin彩湖に参加

2007.11.18

なんと、国内最大のメインレース「東京マラソン2008」に出場することが
決まりましたー! 

へへへっ。まあ、その話はまた後日にでも。

本日は5月の「春日部大凧マラソン」に続いて、
人生2度目のハーフマラソンに出場! 
出場したのは「戸田マラソンin彩湖2007」。


右も左も分からなかった5月のときと比べると、
比較的気持ちに余裕を感じながら会場入り。

前回に続いて天気は晴天。
寒いのが大の苦手なワタシにとっては、なかなか恵まれた条件だ。

今日は雑誌編集者兼、今年の東京マラソンで見事に完走して、
ワタシの走りの導火線に火をつけたDクンと一緒。

マラソンは孤独なスポーツだから、仲間が一緒だと精神的に心強いっ!

戸田マラソン

11時にスタート。
かなり後方に陣取っていたのでスタート地点まで2分ほどかかったが、
靴にRCチップ(スタートラインを越えた時点で計測がスタートする)をつけているので、
慌てる必要はなし。

ランナーがダンゴになっていたので、1kmの入りは6分とやや抑え目。
それから少しスピードを上げていき、5kmのラップは28分8秒。

前走(春日部大凧マラソン)のラップと比べると3分ほど遅め。
が、このあたりからなんとなく集中力が増してきて、
10km地点では前走のタイムを約1分上回る54分10秒、
15km地点でも同じく約1分上回る1時間22分10秒。

安定した走りができた。
前回はここからラスト6kmが苦行だったが(思い出すだけでツライ!)、
今日は比較的粘り強く走ることができ、ゴールタイムは、
手もとの時計で1時間54分48秒。
前走の記録(1時間56分31秒)を1分43秒更新することができた。


正直、前走のときは、レース前の3カ月間に相当頑張って走り込んだ記憶があるが、
完走してホっとしたのか、その後は今ひとつモチベーションが上がらず
(具体的なレース予定もなかったしなあ)、走り込みもややダレ気味
(夏は1週間以上休んだしねー)。

今日も1時間代のタイムが出せれば“御の字だと思っていたので、
レース結果には大満足。

10km地点から相性のいいペースメーカー(「この人に付いていこう!」と思える、
自分より気持ち速度が速い人)を見つけられたことと、
常に1kmほど後方からプレッシャーをかけ続けてくれたDクンのおかげ。


ジッサイ、マラソンって自分との戦いだし、どこで諦めるか(減速するか)で
勝敗は決まるから、そういう他者の存在ってけっこうパワーになるんだよね
(沿道で声援を送ってくれた妻と娘にも感謝★)。

Dクンも1カ月前に出場したレースから7分以上タイムを縮めたというし
(短期間で7分の記録更新というのは驚異的!)、いやー、万々歳! 

マラソン、ツライぜ、だけど、充実感あるーっ! 
マラソンに限らないけど、人生で充実感を味わうためには、
“自分が楽しめる+困難に立ち向かえるシチュエーション”が必要だと、若輩ながらも悟り申した!


思えば、マラソンをはじめようと思ったのが、
Dクンが東京マラソンを完走した今年の2月の終わり。

それから8カ月以上、自分なりに走りを日課にしてきて(いや、1/2日課くらいか)、
ハーフマラソンもぶじに2レース完走することができた。

今夜はビールを飲んで快眠するぜ! ……と言いたいところだけど、
仕事山積みにつきビールも快眠もおあずけ。

でもいいのさ。自分にとっては、マラソンと同じく、
仕事も“自分が楽しめる+困難に立ち向かえるシチュエーション”にほかならないので。


なんてね。


戸田マラソン

【本日のレース記録・ハーフマラソン(21.0975km)】


■記録:1時間54分48秒(手もとの時計)


5km通過タイム:28分08秒
10km通過タイム:54分10秒
15km通過タイム:1時間22分10秒


初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: ふじみ野市新春ロードレース大会に参加  >   |  この記事のカテゴリは [ 当選が決まってから ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.