東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記東京マラソンEXPO2008 > マラソンとレーズンの関係

マラソンとレーズンの関係

42.195キロを走るランナーにとって、怖いのは
途中でスタミナ不足になってしまうこと。

血糖値が下がったり、エネルギー切れで走れなくなってしまう
ランナーも多いのだとか。

それを防ぐために、東京マラソンでは、チェックポイントごとに
バナナやレーズン給食の用意がされている。

東京マラソンEXPOでも、実際ランナーたちに提供されるドライレーズンのブースもありました。


東京マラソン レーズン

レーズンをモチーフにしたマスコット(と呼ぶにはちょっとこわい(^^;))と一緒に
お姉さんたちが試食品を配っていたので、いただきました。

東京マラソン レーズン

なぜ、運動中にレーズンがいいのか?

レーズンは、果糖・ブドウ糖を豊富に含み、砂糖よりも吸収されやすい効率のよいエネルギー源になるそうです。
ミネラル、食物繊維などの栄養分を多く含み、脂肪は少なく、また自然な甘みが、マラソン中の栄養補給に適しているのだとか。

増田明美さんも五輪選手時代は、レーズンをふだんから栄養補給に摂るようにしていたそうです。


レース本番中にも、お世話になりますよ!カリフォルニアレーズンさん!


初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: 記念写真スポットと完走メダル  >   |  この記事のカテゴリは [ 東京マラソンEXPO2008 ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.