東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記東京マラソン当日 > 有楽町~浅草~ゴールまで(後半)

有楽町~浅草~ゴールまで(後半)

日比谷に戻り、有楽町の中間点をすぎてからは、
沿道の応援が多くなり、俄然パワーが出てくる。

このあたりから足が止まり、歩き出す人も増えてくるため、
沿道の声援も熱を帯びる。

ワタシはといえば、ハーフをすぎたことで精神的な苦痛は脱していた。

少なくともハーフマラソンしか走ったことのないワタシにとっては、
ここからは一歩一歩が自己新記録。

「ああ、自分もハーフ以上を走ることができるんだあー」
と嬉しさが込み上げてくる。

東京マラソン ゴール 感想

とはいえ、ここからは肉体的な問題が顏をのぞかせる。
太ももを中心に全身の筋肉が硬直していき、足の裏には数カ所のマメを実感。

カラダをほぐそうと腕を上げたり、背中を伸ばしてみたのもこの区間だ。

30km以降のガス欠を防ぐために、
携帯していた食料を少しずつ口に放り込んでいく。

沿道の声援は銀座も浅草もすごかったが、
浅草はその土地柄だろうか、
「笑顔で走れ!」とか「頑張らんかい!」的な愛のムチが多かった(笑)。

東京マラソン 浅草

たしかに、30km近く走り続けると、優しいだけの応援よりも、
ヨッシャーと気合が入るもの。

さすが江戸っ子は分かってるゼ!

浅草で折り返して再び銀座に向かう途中で30kmを迎える。

残り10kmかと思うと活力がわくが、ここからは1kmごとに
肉体的な苦痛が増してくるはずなので、ヘタにスピードを上げにくい。

足には確実に疲れが蓄積されてきている。

沿道からいつまでも「あと10km!」という声がかかり続けたのは、
マラ ソンが40kmではなく、42.195kmだからなのだろう。

おかげで、「なんでいつまでもあと10kmなんだよー!」
と思わず苦笑する。

銀座の中央通 りに戻って来たあたりで、少し風が強くなったため、
10km地点で脱いだビニールポンチョを再び着込み、
風が直接カラダに当たるのを防ぐ。

この段で汗が 冷えるとダメージが大きいので。
それにしても、足が動かなくなっていく……。


銀座四丁目の交差点を左折して築地まで進むと35km地点。
いよいよゴールという文字が浮かんできてワクワクする。

ワクワクするくらいだから、おそらく体力的には
まだまだ余力があったのだろう。

“腕を振れば足が出る”という基本を思い出し、
足が出ない分、腕を振るように心がける。

35kmからゴールま ではアップダウンが激しく、
上り坂で足が止まる人が多くなる。

だが、ワタシはむしろ上りで頑張るように心がけた。

ここで足を止めては残り数キロが地獄になると思ったし、
なにより余力があるなら使い果たしてゴールしたかった。


お台場の観覧車が見えてからゴールまでのラスト3kmは
相当足にきたが、ここまでくれば気合の勝負。

ただただゴールを目指すのみ。

東京マラソン ゴール 感想

東京マラソン ゴール 感想

ラスト500mで宮崎県知事を抜いてゴールに入った。

達成感と満足感。
そして、喜びと感謝。

いろいろなものがアタマのなかで渦巻いていた。

東京の街は思ったよりも小さく感 じたが、
東京の人たちは本当に温かかった。

タイムは4時間26分前後(ネットタイム)。
初マラソンとしては上々。

貴重な体験をさせてもらった。

東京マラソン ゴール 感想



初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: マラソン中の水分補給について  >   |  この記事のカテゴリは [ 東京マラソン当日 ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.