東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記沿道からの応援 > 応援者と確実に会うためには

応援者と確実に会うためには

東京マラソン2008では、ランナー3万人に対し、
114万人の沿道応援者がいたそうです。

応援者と確実に会うためには

せっかく知り合いや家族を応援に行っても
途中で会えないというケースも少なくありません。

今回、わたし達家族は、42.195kmの道中、
計4回も直接顔を見て声援を送ることができました。

その秘訣は、なんといっても携帯電話でした。

走っている最中に悪いなと思いつつも、
応援ポイントの場所が決まったら、
メールで
「○○町の建物△△の入り口辺り、進行方向の右手にいるよ」
というように自分たちの居場所をかなり細かく伝え、近くにきたら
相手から携帯電話で、「あと100メートルで着く」というように
連絡をしてもらい、確実に探せるようにしました。

そのおかげで、狙ったポイントで確実にお互いを見つけ、
声をかけあうことができたのです。

沿道の声援は、孤独に走るランナーにとっては何よりの支え。
見知らぬ人たちの声援も嬉しいですが、
それが家族や知り合いからなら、なお嬉しいものです。

携帯を持ちたくない場合は、お互いに目立つ服装をする
応援者は、大き目のボードや傘、長めの棒の先に目立つ布などをつける、
などして、確実に相手に気づいてもらうようにするといいでしょう。

まっかな傘を高く掲げて、ランナーからの目印にしていた方が
いましたが、ランナーから見ても、そういうわかりやすい目印
あると、探しやすいそうです。

応援ポイントをあらかじめ決めておくのもいいのですが、
その場所を確実にとれるか微妙です。

というのも、有名な場所や人気スポットは、人垣が4重にも5重にもなっていて
前に出られないのです。(下の写真は、銀座4丁目交差点付近)

銀座4丁目交差点付近

かといって、皇居周りのように目印があまりないところですと
場所が特定できないのがネックですね。

応援者と確実に会うためには

↑ちなみに皇居のまわりは、そういう理由のせいか、
かなり空いていて、応援はしやすかったです^^

それと、今年の東京マラソンでは、ランナーのおおまかな位置を
携帯やネットで閲覧できるサービスをしていました。

5キロごとの通過時間しかわかりませんが、
ランナーのおおまかな位置がわかって便利だと思います。

ランナーズアップデート

それから大事なことをもう1点。
道幅いっぱいに走るコースの場合、
沿道の両方から応援できます。
反対側をランナーが走った場合、応援者の声は届きません。
進行方向の左右のどちらで応援するか、または走るか、
事前に打ち合わせしておくといいと思います。
(場所により、沿道が左右変わるので、コースを知っている人向き)

また、ランナーの服装ですが、
白いTシャツを来ている人が多いので、白っぽい服装は目立ちません。
蛍光色や変わった色(縞柄など)のウェアがおすすめです。

来年の東京マラソンに出るとしたら、わたし達は
ランナーは蛍光色のウェアを来て、
応援者も目立つ服装、大き目のボードを用意するつもりです。


また、フィニッシュ後の東京ビッグサイトでも、
多くの方が待ち合わせをしていましたが、会場が広すぎて
なかなか出会えません。

それで、わたし達は、ビッグサイトの最寄り駅である国際展示場駅の
近くのある飲食店を待ち合わせに決めていました。
お茶を飲みながら、ゆっくり家族や知り合いを待つことができ、
これもおすすめです。

(フルマラソン完走後で疲れているランナーに、家族を探してうろうろ・・・
なんてさせたくないですからね!)

以上、来年の東京マラソン応援者の皆さんに参考になれば幸いです♪


初めての東京マラソン完走プロジェクト

次の記事: いよいよスタート(都庁前)  >   |  この記事のカテゴリは [ 沿道からの応援 ]

当サイトについてと免責事項

  • 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

メニュー

2008-2010 copyright(c) 東京マラソン&東京大マラソン祭り2008体験記 All Rights Reserved.